ふるさと納税とは

ふるさと納税とはどういう制度なのか?制度を知って正しく利用しましょう。

ふるさと納税を簡単に言うと実質2,000円負担で寄付した自治体から寄付金額に応じた返礼品をもらえるお得な制度です。

実質2,000円負担というところがキモで、2年単位で考える必要があります。

 

具体的に年収600万円の人が2017年中にふるさと納税をしない場合、する場合を考えてみます。

まずふるさと納税をしない場合、2017と2018年では所得税&住民税180万円、2年で合計360万円を支払います。この場合、今まで通り税金を納めるだけですのでもらえるものは何もありません。

一方、2017年に6万8000円分のふるさと納税をする場合、2017年には所得税&住民税180万円に加えふるさと納税額の6万8000円を払うので2017年だけで見ると6万8000円税負担が増えたように見えます。ですが、ふるさと納税をした場合、翌年の所得税&住民税から6万6000円が控除されます。つまり、2年単位で見ると2000円だけ負担する税額が増えたことになります。この場合、2000円の負担で約3万4000円の返礼品(納税額の50%が相場)をもらえます。

 

ふるさと納税をしたほうがお得なのは言うまでもありませんね。

最近では資産性の高い返礼品を規制する方向に制度が進んでいます。一昔前までは、三重県甲賀市では純金の手裏剣が返礼品となっておりずいぶんと話題を集めました。本来ならば、納税して終わり。というのが普通でしたが、この制度を使うことで納税した地方自治体からお礼の品として返礼品を受け取れるのです。素晴らしい制度ではないでしょうか?

 

豪華な返礼品は少なくなってきてはいますが、キャンピングカーやカメラレンズ、旅行券などの返礼品を用意している自治体はまだ存在しています。

楽天、さとふる、ふるなびといった、ふるさと納税サイトを利用されるとスムーズにふるさと納税が利用できるのではないでしょうか。人気ランキングや、自治体ごとの返礼品、お礼の品から検索できるようになっているため、大変便利で利用しやすいサイトであると思います。

プロフィール

名前:ひがし

職業:会社経営

はじめまして。ひがしと申します。ふるさと納税を知って約2年目です。投資とスイーツが大好きです。
 ここ数年間で世間がふるさと納税ブームとなり、ふるさと納税とは何か?と調べているうちに知ったさまざまな返礼品についてシェアできればと思います。
 ふるさと納税とは実質2,000円負担で寄付した自治体の名産品がもらえるお得な制度です。ふるさと納税を活用して、さまざまな返礼品を賢くゲットしちゃいましょう!

 

私が利用しているふるさと納税サイト

家電をもらうならココ1択!↓

>>ふるなび限定【寄付額の1%のアマゾンギフトコードがもらえる】

 

ページトップへ